アイピル

緊急避妊薬アイピルとは?

一般的には、子供を授かるということは非常におめでたいことですが、自分が望まない妊娠は精神的、肉体的そして経済的にも大きな負担となります。

 

 

緊急避妊薬として知られてるアイピルは、望まない妊娠に対して非常に有効な薬として認められ世界中で使用されていて、通常の避妊薬ピルと異なり、性行為の後に服用して避妊を行うことから緊急避妊ピルや事後ピル・アフターピルなどとも呼ばれています。

 

 

また、計画外の妊娠、男性のコンドーム避妊による失敗や、女性の意思を無視して無理やり性行為を強要された場合など、緊急に避妊をする必要がある場合に有効な薬としても認められています。

 

 

アイピルの有効成分はレボノルゲストレルという黄体ホルモンの一種で受精を阻害したり、受精卵の子宮への着床を阻害する作用があります。

 

 

具体的には、アイピルを性行為の後に服用することで人為的に生理を誘発させることで、仮に受精卵であっても強制的に体外に排出することで妊娠を避ける働きがあるのです。

 

 

アイピルの効果は、性行為後24時間以内で95%、72時間以内で75%の有効性が報告されていて、なるべく早く服用することが効果をより有効に発揮させるためには必要となります。

 

 

そのため使用方法は、性行為後72時間以内に1錠を服用するとされています。

 

妊娠をしたくない方の為の常備しておいてよかったといわれる人気おすすめアフターピル

非常に効果の高い薬ですが、その効果の裏返しとして体にとって望ましくない副作用も報告されています。

 

 

その心配な副作用の主なものに吐き気を引き起こすことが挙げられます。

 

 

この副作用は、吐き気止めを飲むことでその症状を抑えることができます。

 

 

しかしながら、服用時期について注意すべきことは、吐き気止めの薬を飲んでから、あるいは食事の後1時間の間隔を空けてから服用することが望ましいとされ、もし万が一服用してから1時間以内に吐いてしまった場合には薬が効果を発揮しないため再度服用する必要があります。

 

 

これは、薬を服用してからすぐに体に吸収されるのではなく、吸収されるまでには約1時間が必要とされているのがその理由です。

 

 

さらに、アイピルの黄体ホルモンとしての作用は、強制的に生理を引き起こすなど、体に大きな負担をかけてしまうことから、通常の避妊薬と同じように毎日常用することは避けなければなりません。

 

 

生理は、服用後3日から1週間で起こるのが一般的で避妊が成功したと考えられます。

 

 

しかしながら、次の生理予定日を1週間過ぎても生理がない場合には妊娠の可能性があるため、妊娠検査して確認することが大切です。